自動車

2019年06月14日

男性(33歳)・後遺障害等級認定なし:長期の通院に対する通院慰謝料が約100万円認められた事例

,

No.30 依頼者:男性(症状固定時 33歳) 等  級:非該当 傷病名:頚椎捻挫     【事故態様】車VS車   依頼者が自動車で走行中、加害車両に後方から追突されました。依頼者に何の落ち度もなかったことから、過失割合は0:100でした。   依頼者は、保険会社との交渉過程で、保険会社の担当者の不誠実な態度から、保... 続きはこちら≫

2019年06月14日

男性(38歳)・後遺障害等級認定なし:交渉によって保険会社から任意で約60万円の休業損害が認められた事例

,

No.28 依頼者:男性(症状固定時 38歳) 等  級:非該当 傷病名:頚部捻挫・腰部捻挫     【事故態様】車VS車  依頼者が自動車を運転中、赤信号で停止していたところ、後方から加害車両に追突され、追突の衝撃で胸をハンドルに打ち付け、また腰に強い衝撃を受けました。  依頼者は、保険会社から損害額が提示されました... 続きはこちら≫

2019年06月14日

男性(64歳)・後遺障害等級12級6号:受任後約1ヶ月で賠償金を1.5倍にした事例

, ,

No.26 依頼者:男性(症状固定時 64歳) 等  級:12級6号 傷病名:左肩関節可動域制限     【事故態様】 車 VS 車    相談者が,信号機による交通整理の行われていない十字路を直進走行中,一旦停止の標識を無視した車両が交差点に侵入し,追突されました。  相手方保険会社から示談額を提示された後に,その示... 続きはこちら≫

2019年06月14日

男性(69歳)・後遺障害等級14級9号:555万円を獲得した事例

, ,

No.25 依頼者:男性(症状固定時 69歳) 等  級:14級9号 傷病名:外傷性腰椎椎間板ヘルニア     【事故態様】 車 VS 車    相談者は自動車専用道路を走行中、出口付近で、後方から追突されました。  事故後7か月ほど経過した頃に、症状固定すべきかどうかの判断に迷われ、HPをご覧いただいてご来所いただき... 続きはこちら≫

2019年06月14日

男性(24歳)・肩板損傷,後遺障害等級12級6号:約900万円取得した事例

, ,

No.24 依頼者:男性(症状固定時 24歳) 等  級:12級6号 傷病名:肩板損傷     【事故態様】 車 VS 車    被害者は車両走行中,車両斜め後方から衝突されました。   【交渉過程】  (肩板損傷  ・・・ ) 症状固定前に事務所に来られたため,具体的な症状について,肩板損傷と診断された資料などを提示... 続きはこちら≫

2019年06月14日

女性(41歳)・後遺障害等級認定なし:内縁の夫の運転中の事故。主婦の休業損害を獲得し、賠償金を1.5倍にした事例

,

No.20 依頼者:女性(症状固定時 41歳) 等  級:非該当 傷病名:頸椎捻挫     【事故態様】優先道路を直進して信号のない交差点に進入した際に,右側より交差点に進入してきた加害車両と衝突。     被害者の内縁の配偶者が運転していた車に同乗していた相談者は、顔・首・肩等に打ち付け、しびれが生じる怪我を負い,む... 続きはこちら≫

2019年06月14日

男性(49歳)・後遺障害等級14級9号:自営業者の逸失利益を算定するための基礎収入につき,当初の想定金額より2倍以上の増額に成功した事例

, ,

No.19 依頼者:男性(症状固定時 49歳) 等  級:14級9号 傷病名:頸椎挫傷     【事故態様】相談者が赤信号で停車中、後方から加害者車両に追突された。   相談者は,ご自身で後遺障害の認定を獲得された段階で来所されました。  相談者としては,ある程度適正な損害賠償を得たいと思っていましたが、できれば早期に... 続きはこちら≫

2019年06月14日

女性(56歳)・後遺障害等級14級9号:頸椎捻挫、後頭部打撲傷:専業主婦としての休業損害および逸失利益が認められた事例

, , ,

No.18 依頼者:女性(症状固定時 56歳) 等  級:14級 傷病名:頸椎捻挫、後頭部打撲傷     【事故態様】一時停止中の相談者車両の後方から、加害者車両に追突された。   相談者は,事故による怪我の治療を行ってきていましたが,事故日から約1年が経過した頃,保険会社から治療費を打ち切るように言われました。  相... 続きはこちら≫

2019年06月13日

頸部外傷、頸椎挫傷、腰部挫傷、左股関節挫傷・後遺障害等級14級9号:タクシー乗車中に衝突された事例

, , ,

No.17 依頼者:女性(症状固定時 51歳) 等  級:14級9号 傷病名:頸部外傷、頸椎挫傷、腰部挫傷、左股関節挫傷     【事故態様】タクシー乗車中に追突された   相談者はタクシーに乗車中、加害者がそのタクシーと衝突し首や腰、股関節などを負傷しました。 事故後、治療を続けていましたが、6ヶ月ごろたったある日、... 続きはこちら≫

2019年06月13日

頚椎捻挫、腰部捻挫・後遺障害等級認定なし:保険会社が前言を撤回してきた事例

, ,

依頼者:男性(事故当時37歳) 等級 後遺障害等級認定なし 傷病名 頚椎捻挫、腰部捻挫   前方車両が停車したためそれに合わせて停車したところ後続車に追突された。 後遺障害等級が非該当となった。保険会社からは、示談の交渉がなされたが、納得がいかないため弁護士に相談・依頼 ↓ 弁護士が交渉 ↓ 示談交渉の結果、... 続きはこちら≫

共通フッターになります。