弁護士費用

基本プラン(税別)

分類:基本

着手金
無料
※任意保険の「弁護士費用特約」を利用可能
報酬金
増額賠償金の30%(※1)

分類:後遺障害等級認定前にご依頼いただいた場合

着手金
後遺障害等級認定あり無料
後遺障害等級認定なし無料
補修金
後遺障害等級認定あり20万円+
経済的利益の10%
後遺障害等級認定なし10万円+
経済的利益の10%

※最低報酬額
後遺障害等級認定あり 30万円
後遺障害等級認定なし 20万円



※1 増額が300万円を超えない場合:増額部分について30%
増額が300万円から1,000万円の部分20%
増額が1,000万円以上の部分15%
に減額させていただきます。 

 弁護士費用っていくらになるの?」と思われた方はこちらもご参照ください。


※弁護士費用特約
任意保険に、「弁護士費用特約」が付いている場合、弁護士費用(の一部)を保険でまかなうことが可能です。


実費は要した分だけ、別途いただきます。
実費=交通費、通信費、訴訟費用(印紙代等)や、資料取寄せに要する費用等

後遺障害認定サポートプラン

 
後遺障害等級の認定については、専門的な知識とそれを裏付ける資料収集・調査が必要です。


この資料・調査次第で、適切な等級の有無、そして賠償額の金額が大きく異なってきます(ときには数千万円単位で変わってしまいます。)。 


資料収集・調査の必要性は高く、交通事故の専門家である保険会社が専門の調査を使うほどです。


そこで、皆様が真に適切な等級獲得に向けて万全の態勢を整えるために、医療調査専門の調査会社と協力する特約プランを設けました。


重症である方はもちろん、痛みやしびれなどが残っているが、医師の診断・治療に納得がいかない方、後遺障害等級認定にご不安を感じておられる方はぜひご利用下さい。


料金
基本報酬 : 1医療機関1診療科1調査につき10万円 

成功報酬
10万円~20万円前後

*交通費・宿泊費・医証代・面談料・翻訳料・通訳料が生じた場合は、その実費を頂戴します。

サポート内容

① 事故直後からご相談に乗る。

② 医療調査専門の調査会社へ医療調査を依頼し、共同して適切な等級獲得サポートをする。
  具体例
   ・(高次脳機能障害)精神医学検査の実施(病院)
   ・必要検査の助言
   ・治療費打ち切り対応への助言
   ・妥当な等級の助言
   ・妥当な獲得のための後遺障害診断書案の提案
   ・病院同行
   ・通院場所の紹介、通院回数の助言
   ・異議申し立て
  など(個々の事情や必要に応じたサポートをいたします。)

③調査結果、獲得等級を下に、保険会社との交渉等を行う。

共通フッターになります。